巡礼地図帳

秩父三十四ヶ所観音霊場の各札所の御詠歌です。

巡礼地図帳

表紙 > 巡礼地図 > 秩父三十四ヶ所観音霊場 > 秩父三十四ヶ所観音霊場の御詠歌一覧

秩父三十四ヶ所観音霊場の御詠歌一覧

秩父三十四ヶ所観音霊場の各札所の御詠歌です。

一覧

番号寺院名御詠歌(下段は読み方)
第1番四萬部寺ありがたや 一巻ならぬ法のはな 数は四萬部の 寺のいにしえ
ありがたや ひとまきならぬ のりのはな かずはしまぶの てらのいにしえ
第2番真福寺廻り来て 頼みをかけし 大棚の 誓も深き 谷川の水
めぐりきて たのみをかけし おおだなの ちかいもふかき たにがわのみず
第3番常泉寺補陀落は 岩本寺と 拝むべし 峰の松風 ひびく滝津瀬
ふだらくは いわもとでらと おがむべし みねのまつかぜ ひびくたきつせ
第4番金昌寺あらかたに 参りて拝む 観世音 二世安楽と 誰も祈らん
あらたかに まいりておがむ かんぜおん にせあんらくと だれもいのらん
第5番語歌堂父母の 恵みも深き 語歌の堂 大慈大悲の 誓たのもし
ちちははの めぐみもふかき ごかのどう だいじだいひの ちかいたのもし
第6番ト雲寺初秋に 風吹き結ぶ 荻の堂 宿かりの世の 夢ぞ覚めける
はつあきに かぜふきむすぶ おぎのどう やどかりのよの ゆめぞさめける
第7番法長寺六道を 兼ねて巡りて 拝むべし 又後の世を 聞くも牛伏
ろくどうを かねてめぐりて おがむべし またのちのよを きくもうしぶし
第8番西善寺ただ頼め 誠の時は 西善寺 きたりむかへん 弥陀の三尊
ただたのめ まことのときは さいぜんじ きたりむかえん みだのさんぞん
第9番明智寺巡りきて その名を聞けば 明智寺 心の月は くもらざるらん
めぐりきて そのなをきけば あけちでら こころのつきは くもらざるらん
第10番大慈寺ひたすらに 頼みをかけよ 大慈寺 六つの巷の 苦にかはるべし
ひたすらに たのみをかけよ だいじでら むつのちまたの くにかわるべし
第11番常楽寺つみとがも 消えよと祈る 坂ごおり 朝日はささで 夕日かがやく
つみとがも きえよといのる さかごおり あさひはささで ゆうひかがやく
第12番野坂寺老いの身に 苦しきものは 野坂寺 いま思い知れ 後の世の道
おいのみに くるしきものは のさかでら いまおもいしれ のちのよのみち
第13番慈眼寺御手に持つ 蓮のははき 残りなく 浮世の塵を はけの下寺
みてにもつ はちすのははき のこりなく うきよのちりを はけのしたでら
第14番今宮坊昔より 立つとも知らぬ 今宮に 参る心は 浄土なるらん
むかしより たつともしらぬ いまみやに まいるこころは じようどなるらん
第15番少林寺みどり子の 母巣の森の 蔵福寺 ちちもろともに ちかひもらすな
みどりごの ははそのもりの ぞうふくじ ちちもろともに ちかいもらすな
第16番西光寺西光寺 誓いを人に 尋ぬれば ついの住家は 西とこそ聞け
さいこうじ ちかいをひとに たずぬれば ついのすみかは にしとこそきけ
第17番定林寺あらましを 思ひ定めし 林寺 かねききあへづ ゆめぞさめける
あらましを おもいさだめし はやしでら かねききあへず ゆめぞさめける
第18番神門寺ただたのめ 六則ともに 大悲をば 神門にたちて たすけたまえる
ただたのめ ろくそくともに だいひをば こうどにたちて たすけたまへる
第19番龍石寺天地を 動かす程の 龍石寺 詣る人には 利生あるべし
あめつちを うごかすほどの りうせきじ まいるひとには りしょうあるべし
第20番岩之上堂苔むしろ しきてもとまれ 岩の上 玉のうてなも 朽ちはつる身を
こけむしろ しきてもとまれ いわのうえ たまのうてなも くちはつるみを
第21番観音寺梓弓 いる矢の堂に 詣で来て 願ひし法に あたる嬉しさ
あずさゆみ いるやのうどうに もうできて ねがいしのりに あたるうれしさ
第22番童子堂極楽を ここで見つけて 童う堂 後の世までも たのもしきかな
ごくらくを ここでみつけて わらうだう のちのよまでも たのもしきかな
第23番音楽寺音楽の み声なりけり 小鹿坂の 調べにかよう 峰の松風
おんがくの みこえなりける おがさかの しらべにかよう みねのまつかぜ
第24番法泉寺天照す 神の母祖の 色かへて なおもふりぬる 雪の白山
あまてらす かみのははその いろかえて なおもふりぬる ゆきのしらやま
第25番久昌寺水上は いづくなるらん 岩谷堂 朝日もくなく 夕日かがやく
みなかみは いずくなるらん いわやどう あさひもくなく ゆうひかがやく
第26番円融寺尋ね入り むすぶ清水の 岩井堂 心の垢を すすがぬはなし
たずねいり むすぶしみずの いわいどう こころのあかを すすがぬはなし
第27番大渕寺夏山や しげきが下の 露までも 心へだてぬ 月の影もり
なつやまや しげきがもとの つゆまでも こころへだてぬ つきのかげもり
第28番橋立堂霧の海 たち重なるは 雲の波 たぐひあらじと わたる橋立
きりのうみ たちかさなるは くものなみ たぐいあらじと わたるはしだて
第29番長泉院分けのぼり 結ぶ笹の戸 おし開き 仏を拝む 身こそたのもし
わけのぼり むすぶささのと おしひらき ほとけをおがむ みこそたのもし
第30番法雲寺一心に 南無観音と 唱ふれば 慈悲ふか谷の 誓ひたのもし
いつしんに なむかんのんと となうれば じひふかたにの ちかいたのもし
第31番観音院深山路を かき分け尋ね 行きみれば 鷲の岩谷に ひびく滝つ瀬
みやまじを かきわけたずね ゆきみれば わしのいわやに ひびくたきつせ
第32番法性寺願わくは 般若の舟に のりを得ん いかなる罪も 浮かぶとぞ聞く
ねがわくば はんにやのふねに のりをえん いかなるつみも うかぶとぞきく
第33番菊水寺春や夏 冬もさかりの 菊水寺 秋のながめに 送る年月
はるやなつ ふゆもさかりの きくすいじ あきをながめに おくるとしつき
第34番水潜寺萬代の 願ひをここに 納めおく 苔の下より 出づる水かな
よろずよの ねがいをここに おさめおく こけのしたより いずるみずかな


ページのトップへ戻る