巡礼地図帳

日本最古の巡礼コースと言われている、西国三十三箇所観音霊場の各札所の御詠歌です。ふりがな付きです。

巡礼地図帳

表紙 > 巡礼地図 >西国三十三所観音霊場 > 西国三十三所観音霊場の御詠歌一覧

西国三十三所観音霊場の御詠歌一覧

番号寺院名御詠歌(下段は読み方)
第1番青岸渡寺補陀洛や 岸打つ波は 三熊野の 那智のお山に ひびく滝津瀬
ふだらくや きしうつなみは みくまのの なちのおやまに ひびくたきつせ
第2番紀三井寺
(金剛宝寺)
ふるさとを はるばるここに 紀三井寺 花の都も 近くなるらん
ふるさとを はるばるここに きみいでら はなのみやこも ちかくなるらん
第3番粉河寺父母の 恵みも深き 粉河寺 ほとけの誓ひ たのもしの身や
ちちははの めぐみもふかき こかわでら ほとけのちかい たのもしのみや
第4番施福寺深山路や 檜原松原 わけ行けば 巻の尾寺に 駒ぞいさめる
みやまじや ひばらまつばら わけゆけば まきのおてらに こまぞいさめる
第5番葛井寺参るより 頼みをかくる 葛井寺 花のうてなに 紫の雲
まいるより たのみをかくる ふじいでら はなのうてなに むさらきのくも
第6番南法華寺
(壺阪寺)
岩をたて 水をたたえて 壺阪の 庭にいさごも 浄土なるらん
いわをたて みずをたたえて つぼさかの にわにいさごも じょうどなるらん
第7番岡寺
(龍蓋寺)
けさ見れば つゆ岡寺の 庭の苔 さながら瑠璃の 光なりけり
けさみれば つゆおかでらの にわのこけ さながらるりの ひかりなりけり
第8番長谷寺いくたびも 参る心は 初瀬寺 山も誓いも 深き谷川
いくたびも まいるこころは はつせでら やまもちかいも ふかきたにがわ
第9番興福寺南円堂春の日は 南円堂に かがやきて 三笠の山に 晴るるうす雲
はるのひは なんえんどうに かがやきて みかさのやまに はるるうすぐも
第10番三室戸寺夜もすがら 月を三室戸 わけゆけば 宇治の川瀬に 立つは白波
よもすがら つきをみむろど わけゆけば うじのかわせに たつはしらなみ
第11番上醍醐寺逆縁も もらさで救う 願なれば 准胝堂は たのもしきかな
ぎゃくえんも もらせですくう がんなれば じゅんていどうは たのもしきかな
第12番正法寺
(岩間寺)
みなかみは いづくなるらん 岩間寺 岸うつ波は 松風の音
みなかみは いづくなるらん いわまでら きしうつなみは まつかぜのおと
第13番石山寺後の世を 願う心は かろくとも ほとけの誓い おもき石山
のちのよを ねがうこころは かろくとも ほとけのちかい おもきいしやま
第14番三井寺
(園城寺)
いで入るや 波間の月を 三井寺の 鐘のひびきに あくる湖
いでいるや なみまのつきを みいでらの かねのひびきに あくるみずうみ
第15番観音寺
(泉涌寺塔頭)
昔より 立つとも知らぬ 今熊野 仏の誓い あらたなりけり
むかしより たつともしらぬ いまくまの ほとけのちかい あらたなりけり
第16番清水寺松風や 音羽の滝の 清水を むすぶ心は 涼しかるらん
まつかぜや おとわのたきの きよみずを むすぶこころは すずしかるらん
第17番六波羅蜜寺重くとも 五つの罪は よもあらじ 六波羅堂へ 参る身なれば
おもくとも いつつのつみは よもあらじ ろくはらどうへ まいるみなれば
第18番頂法寺
(六角堂)
わが思う 心のうちは 六の角 ただ円かれと 祈るなりけり
わがおもう こころのうちは むつのかど ただまるかれと いのるなりけり
第19番行願寺
(革堂)
花を見て いまは望みも 革堂の 庭の千草も 盛りなるらん
はなをみて いまはのぞみも こうどうの にわのちぐさも さかりなるらん
第20番善峯寺野をもすぎ 山路に向かう 雨の空 善峯よりも 晴るる夕立
のをもすぎ やまじにむかう あめのそら よしみねよりも はるるゆうだち
第21番穴太寺かかる世に 生まれあう身の あな憂やと 思わで頼め 十声一声
かかるよに うまれあうみの あなうやと おもわでたのめ とこえひとこえ
第22番総持寺おしなべて 老いも若きも 総持寺の ほとけの誓い 頼まぬはなし
おしなべて おいもわかきも そうじじの ほとけのちかい たのまぬはなし
第23番勝尾寺重くとも 罪には法の 勝尾寺 ほとけを頼む 身こそやすけれ
おもくとも つみにはのりの かちおでら ほとけをたのむ みこそやすけれ
第24番中山寺野をも過ぎ 里をも行きて 中山の 寺へ参るは 後の世のため
のもをもすぎ さとをもゆきて なかやまの てらへまいるは のちのよのため
第25番清水寺
(播州清水寺)
あわれみや 普き門の 品々に なにをか波の ここに清水
あわれみや あまねきかどの しなじなに なにをかなみの ここにきよみず
第26番一乗寺春は花 夏は橘 秋は菊 いつも妙なる 法の華山
はるははな なつはたちばな あきはきく いつもたえなる のりのはなやま
第27番圓教寺はるばると のぼれば書寫の 山おろし 松のひびきも 御法なるらん
はるばると のぼればしょしゃの やまおろし まつのひびきも みのりなるらん
第28番成相寺波の音 松のひびきも 成相の 風ふきわたす 天の橋立
なみのおと まつのひびきも なりあいの かぜふきわたす あまのはしだて
第29番松尾寺そのかみは 幾世経ぬらん 便りをば 千歳もここに 松の尾の寺
そのかみは いくよへぬらん たよりをば ちとせもここに まつのおのてら
第30番宝厳寺月も日も 波間に浮かぶ 竹生島 船に宝を 積むここちして
つきもひも なみまにうかぶ ちくぶじま ふねにたからを つむここちして
第31番長命寺八千年や 柳に長き 命寺 運ぶ歩みの かざしなるらん
やちとせや やなぎにながき いのちでら はこぶあゆみの かざしなるらん
第32番観音正寺あなとうと 導きたまえ 観音寺 遠き国より 運ぶ歩みを
あなとうと みちびきたまえ かんのんじ とうきくにより はこぶあゆみを
第33番華厳寺世を照らす 仏のしるし ありければ まだともし火も 消えぬなりけり(現在)
よをてらす ほとけのしるし ありければ まだともしびも きえぬなりけ
万世の 願いをここに 納めおく 水は苔より 出る谷汲(過去)
よろずよの ねがいをここに おさめおく みずはこけより いずるたにぐみ
今までは 親と頼みし 笈摺を 脱ぎて納むる 美濃の谷汲(未来)
いままでは おやとたのみし おいずるを ぬぎておさむる みののたにぐみ
番外花山院菩提寺有馬富士 ふもとの霧は 海に似て 波かときけば 小野の松風
ありまふじ ふもとのきりは うみににて なみかときけば おののまつかぜ
番外元慶寺待てといわば いともかしこし 花山に しばしと啼かん 鳥の音もがな
まてといわば いともかしこし はなやまに しばしとなかん とりのねもがな
番外法起院極楽は よそにはあらじ わがこころ おなじ蓮の へだてやはある
ごくらくは よそにはあらじ わがこころ おなじはすちの へだてやはある


ページのトップへ戻る