巡礼地図帳

西国三十三所観音霊場(第1番札所~第10番札所)の御朱印の画像と、印文や墨書の解読文を掲載しています。

巡礼地図帳

表紙 > 巡礼地図 > 西国三十三所観音霊場 > 西国三十三所観音霊場の御朱印と読み方1

西国三十三所観音霊場の御朱印と読み方1

西国三十三所観音霊場(第1番札所~第10番札所)の御朱印の画像と、印文や墨書の解読文を掲載しています。

専用納経帳

西国三十三霊場納経帖

大きさ:18×12cm 折本
発行年:昭和36年初版、昭和52年8版
編集者:那智山青岸渡寺 高木亮孝
発行所:那智山青岸渡寺

各札所の御詠歌をはじめ、般若心経などの御経や御真言が多数掲載されています。
花山院菩提寺と元慶寺を番外札所として加えています。また、滋賀県の教林坊も含まれているのが珍しいと思います。

青岸渡寺,如意輪観音

巻頭に掲載されている青岸渡寺の本尊如意輪観音の御姿です。

第1番札所 青岸渡寺の御朱印と読み方

青岸渡寺の御朱印

【宝印】蓮華座に火炎宝珠を置く。宝珠に梵字「キリク」で本尊如意輪観音の種子を記す。下部に山号「那智山」と記す。
【朱印】西國第壱番札所/(宝印)/那智山 納経所
【墨書】奉拝/普照殿/青岸渡寺
【記帳年月日】昭和52年11月7日
【収録集印帳】西国三十三霊場納経帖(集印帳第十五)

第2番札所 紀三井寺(金剛宝寺)の御朱印と読み方

紀三井寺(金剛宝寺)の御朱印

【宝印】蓮華座に宝珠を置く。宝珠に3つの梵字を記す。上段が「キャ」で本尊十一面観音の種子、下段右側が「ボラ」で梵天の種子、下段左側が「イ」で帝釈天の種子である。下部に山号「紀三井山」と記す。なお、梵天と帝釈天は現在でも秘仏本尊である十一面観音の前に安置されている。
【朱印】西國第二番/(宝印)/金剛寶寺
【墨書】奉拝/救世殿/紀三井山
【記帳年月日】昭和52年11月7日
【収録集印帳】西国三十三霊場納経帖(集印帳第十五)

第3番札所 粉河寺の御朱印と読み方

粉河寺の御朱印

【宝印】蓮華座に円相を置く。円相の中央に梵字「キリク」で本尊千手観音の種子を記す。その周辺の梵字は下から反時計回りに「オン」「バ」「ザラ」「ダ」「ラマ」と読み、最後に中央の「キリク」を加えると千手観音の真言「おん・ば・ざら・だ・らま・きりく」になる。下部に「粉河寺」と記す。
【朱印】西國第三番/(宝印)/粉河寺印
【墨書】奉拝/大悲殿/粉河寺
【記帳年月日】昭和52年11月7日
【収録集印帳】西国三十三霊場納経帖(集印帳第十五)

第4番札所 施福寺の御朱印と読み方

施福寺の御朱印

【宝印】方形の三宝印。「佛法僧寶」と記す。
【朱印】西國第四番/(宝印)/薬※
【墨書】奉拝/槙尾山大悲殿/施福寺
【記帳年月日】昭和52年11月8日
【メモ】※施福寺の院号「仙薬院」のから「薬」の一字を取って寺印としたか。
【収録集印帳】西国三十三霊場納経帖(集印帳第十五)

第5番札所 葛井寺の御朱印と読み方

葛井寺の御朱印

【宝印】蓮華座に火炎宝珠を置く。宝珠に梵字「キリク」で本尊千手観音の種子を記す。
【朱印】西国第五番/(宝印)/葛井寺納経所
【墨書】奉拝/大悲殿/葛井寺
【記帳年月日】昭和52年11月8日
【収録集印帳】西国三十三霊場納経帖(集印帳第十五)

第6番札所 南法華寺(壺阪寺)の御朱印と読み方

南法華寺(壺阪寺)の御朱印

【宝印】蓮華座に火炎宝珠を置く。宝珠に書かれている梵字は特殊な形をしているが、本尊は千手観音なので「キリク」の異体と思われる。
【朱印】西国第六番/(宝印)/壺阪山南法華寺
【墨書】奉拝/壺阪山大悲殿/壺阪寺
【記帳年月日】昭和52年11月9日
【収録集印帳】西国三十三霊場納経帖(集印帳第十五)

第7番札所 岡寺(龍蓋寺)の御朱印と読み方

岡寺(龍蓋寺)の御朱印

【宝印】蓮華座に火炎宝珠を置く。宝珠に書かれている梵字は特殊な形をしているが、本尊が如意輪観音なので「キリク」の異体と思われる。なお『古寺順礼宝印集』には正体の「キリク」を記す宝印も収録されている。
【朱印】西國第七番/(宝印)/龍蓋寺※
【墨書】奉拝/厄除大悲殿/岡寺
【記帳年月日】昭和52年11月9日
【メモ】※寺名の左右に昇り龍と下り龍を配す。
【収録集印帳】西国三十三霊場納経帖(集印帳第十五)

第8番札所 長谷寺の御朱印と読み方

長谷寺の御朱印

【宝印】蓮華座に火炎宝珠を置く。宝珠に梵字「キャ」で本尊十一面観音の種子を記す。
【朱印】西國第八番/(宝印)/長谷寺本堂印
【墨書】豊山/大悲閣/長谷寺
【記帳年月日】昭和52年11月9日
【収録集印帳】西国三十三霊場納経帖(集印帳第十五)

第9番札所 興福寺南円堂の御朱印と読み方

興福寺南円堂の御朱印

【宝印】下がり藤の紋の中に、梵字「ボ」で本尊不空羂索観音の種子を記す。宝印に藤を用いるのは、興福寺が藤原氏と縁が深いからと思われる。
【朱印】西國第九番/(宝印)/興福寺南圓堂
【墨書】奉拝/南圓堂/興福寺
【記帳年月日】昭和52年11月9日
【収録集印帳】西国三十三霊場納経帖(集印帳第十五)

第10番札所 三室戸寺の御朱印と読み方

三室戸寺,西国三十三箇所,御朱印

【宝印】蓮華座に火炎宝珠を置く。宝珠に梵字「キリク」で本尊千手観音の種子を記す。
【朱印】西國第十番/(宝印)/三室戸寺
【墨書】奉拝/千手大悲殿/三室戸寺
【記帳年月日】昭和52年11月10日
【収録集印帳】西国三十三霊場納経帖(集印帳第十五)



ページのトップへ戻る