七福神めぐり資料集

奇才河鍋暁斎の娘、河鍋暁翠が描いた『七福神辰年図』を紹介します。

巡礼地図帳

表紙 > 七福神ノート > 浮世絵七福神 > 龍を描く大黒天と謎の毘沙門天『七福神辰年図』(河鍋暁翠作)


龍を描く大黒天と謎の毘沙門天『七福神辰年図』(河鍋暁翠作)

河鍋暁翠,七福神辰年図
辰歳の正月絵として描かれた浮世絵です。明治24年(1891)、武川卯之吉によって出版されました。
干支に因んで、大黒天が龍を描く場面が主に描かれています。また、ちょっと不思議な場面もあります。
河鍋暁翠,七福神辰年図,大黒天
傑作を描き上げ、ご満悦の大黒天。
河鍋暁翠,七福神辰年図,恵比寿
龍の絵の出来映えに驚く恵比寿。
河鍋暁翠,七福神辰年図,寿老人,お多福
一方、落ち着いて絵の吟味をする寿老人と、興味深げにのぞき込むお多福。
河鍋暁翠,七福神辰年図,福禄寿
羯鼓(かっこ)を演奏する福禄寿。雅楽の蘭陵王(らんりょうおう)を舞う唐子。
河鍋暁翠,七福神辰年図
大黒天が描いた龍の絵。
河鍋暁翠,七福神辰年図,布袋尊,吉祥天,毘沙門天
雅楽の篳篥(ひちりき)を吹く布袋尊。彼の後で半身を襖に隠している吉祥天。彼女の後で顔半分だけ出している毘沙門天。
なぜ毘沙門天はちょっとだけ顔を出しているのでしょうか。謎です。
毘沙門天と吉祥天は夫婦という説もあるので、隠れて色々やっているのかも知れません。

この作品の出典:国立国会図書館デジタルコレクション

情報更新

2017年11月16日



七福神めぐり資料集

広告