御朱印の読み方

このサイトでは、全国各地ある霊場の巡礼コースをGoogleMapで紹介しています。また、各札所で授与している御朱印も掲載しています。

巡礼資料集

表紙


御朱印の読み方

リニューアル工事中。

昔の納経帳・御朱印帳

江戸から平成までの御朱印を紹介します。現行の札所構成や御朱印発行の可否などが不明なので、あくまで巡礼の歴史資料としてご利用ください。
霊場・札所の廃絶や、すでに御朱印授与をしていない場合もあります。

このサイトの納経帳・御朱印帳について【納経帳・御朱印帳コレクション】

観音菩薩霊場

弘法大師霊場

薬師如来霊場

不動明王霊場

地蔵菩薩霊場

十三仏霊場

十二支霊場

その他の霊場

おまけ

巡礼資料集

巡礼とは

巡礼とは信仰によって聖地や霊場を巡拝することで、一つの聖地だけに巡礼する「直線型」 と、複数の聖地を巡る「円周型」(回国型・経巡型[へめぐりがた])に分類されます。
例えば、キリスト教徒のパレスチナ巡礼や、イスラム教徒によるメッカ巡礼を直線型の巡礼、インドにおけるブッダの聖地を巡る八大仏跡巡礼や、中国の四大仏教聖地などを円周型の巡礼としています。このように、洋の東西で巡礼の形態は分かれます。また、巡礼には「遠隔地の聖地を目指す」という意味合いが強く、そこには長距離の移動が伴い、時として旅行の要素も含まれます。
日本における巡礼は、聖地や霊場を一定の数でまとめ番号を付すという特殊なものです。さらに、この番号順に巡るという条件も付くため「順礼」とも書きます。
我が国の巡礼のはじまりは、平安時代の南都七大寺詣や熊野詣が挙げられます。しかし、本格的なコースでは、平安時代末期に成立した西国三十三箇所の観音霊場巡りが最古のものです。その後、西国三十三箇所の写しとして板東三十三箇所や秩父三十四箇所、弘法大師空海の霊跡をたどる四国八十八箇所が整備されました。
さらに日本では様々な形態の順礼が作られました。白木利幸氏は『巡礼・参拝用語辞典』で日本の巡礼を、観音巡礼・大師巡礼・本尊巡礼・祖師巡礼・十三仏巡礼・十二支巡礼・七福神・特殊巡礼の八種類に分類しています。
このサイトでは巡礼を「複数の決められた寺社を巡ること」と広く解釈し、観音霊場の巡礼コースや七福神巡りのコースを地図を活用しながら紹介します。

更新情報・お知らせ

2019/7/
リニューアル工事中。
2015/05/28
このサイトを開設しました。よろしくお願いします。

詳しい更新履歴はこちら



御朱印の読み方

広告

ページのトップへ戻る